タッパーウエアは高いだけのことはあるのか

Tupperware; why so expensive?

蓋がピッタリ閉まる、プラスティック容器のことを皆

「タッパー」と呼んでいますが、

元々の、本物のタッパーウエアは、これですね

どれも同じだと思っていましたが、汁がこぼれてバッグを

汚した経験が何度もあり、本物に興味を持ちました

でも、デパートなどで売っているものではなくて、

専任販売員から買わなければいけないため、

今まで買う機会がありませんでした

それが、ある日、スーパーの出入口でデモンストレー

ションに出くわし、ちょっと見るつもりが、見事に

販売員のおばちゃんに捉まってしまいました

すごかったですよ~

少し話しただけで、不快感MAX

販売員のおばちゃんは、自分の冷蔵庫の中の写真を

見せてくれて、どうやって使うかを示すんですが、

冷蔵庫の中が、隅から隅までタッパーウエアできれいに

整理整頓、埋め尽くされている様子は、異常と感じるほど

あんなもの、私は目指してないぞ!

そこで、ひとつ質問してみました

「ブロッコリーを1個分茹でてちょうど入る大きさの

容器が欲しいんです」ざっと見たところ、小さいか、

大きすぎるかでしたのでこの質問をしたのですが、

答えは、小さい容器を示して「半分茹でればいいのよ」

おばちゃん、それはないでしょう!

接客業のABCも学んだことがないのでしょうね

とは言え、欲しい容器があったので、ブロッコリーの

ことは忘れて、写真右端の平たい容器2個を購入しました

これは、冷凍専用で、サイズは 15.1 x 11.3 x 3.9cm

2個組で2200円でしたが、蓋がくにゃくにゃせず、

パチッと閉まり、絶妙なサイズ感で、冷凍庫の中に

きれいに収まるのが気持ち良いです

おばちゃんに「余った食材を入れたりするのではなく、

決まったものを入れるのだ」と言われた通り、

それぞれ、紅茶と、とろけるチーズを入れています

これが大正解で、とても気に入っています

その後、ネットでも売り始めたことを知り、大量に

買い込みましたが、全て、蓋が硬いかな、でもだから

密閉性が高いのでしょう

もっと歳を取ったら開け閉めが難しくなるかと思いますが

今のところ、品質に満足して愛用しています

お薦めしない海外土産 その6 台湾の手書きのお皿

Not recommendable souvenir; A handwritten plate of Taiwan

このお皿を買ったのは、1984年3月に行った台北でした

その時のことを、すごくよく覚えています

何故なら、とても後悔したから

前年に行った初めての香港で、中華の食器を買わずに

帰ったため、台北で買ってこようと期待して出かけた

にも関わらず、香港で見たような食器を売る店が

全然見当たらず、やっと見つけた食器らしきものが

これだったのです

また、お値段のことを言ってしまいますが、

8000円でした、大きさは、15.5cm

裏によく見えない刻印があるだけで、どこかの有名

ブランドでは決してなさそうです

博物館にあるようなもののレプリカなのか?

そんなことも全くわかりませんが、どうしても

何かしらかのお皿が欲しくて、8000円も出して、

このお皿を買ってしまいました

お皿立ても一緒についていましたから、飾り皿

なのでしょうね、ずっと実家の棚の中です

香港と台湾は、全然違いました

この旅行の時に宿泊したのは、オープンしたばかりの

ホテル日航台北でした、今もあるのかな?

ロビーでビートたけしさんに遭遇して、一緒に写真を

撮ってもらったのは嬉しい思い出です

当時、たけちゃんマンが大好きでしたから

付き人のような男性にカメラを渡して、「写真撮って

ください」とお願いしたのですが、後に、その方が

松尾伴内さんだったことを知り、申し訳なかったです

台湾と言えば夜市、というのが今はあたりまえですけれど

当時、そういう意識があったかどうかも思い出せませんが

友人と二人で、フラフラ歩いて、色々な食べ物屋が

ある場所に行きました

でも、奇妙な臭いのする食べ物ばかりで、楽しめるはずも

なく、何も食べられなかったと思います

あそこは、何だったのだろうか、今も謎です

台北・高雄には、この16年後に出張で出かけましたが、

この時に残った小銭をお店で使おうとしたところ、

「これは古いお金で使えない」と言われてビックリ

店の人たちが、皆で珍しそうにその小銭を見て、

「面白いから、これでいいよ」と言ってくれました

たったの16年で、通貨が変わるとは、、

まだ、そんな時代だったのですね

 

写真のデジタル化終了、人生を振り返りました

Hard time digitizing photographs, but finished

ここ数日、根を詰めてスキャン作業をしておりました

家族写真以外は全てデジタル化しました

やってみると、正に自分の人生を振り返る作業でした

20代の旅行三昧の写真を見ながら、楽しかったな~

幸せだったな~と懐かしく思い出し、

その後の仕事三昧だった頃の写真を見ながら、良い上司や

同僚に恵まれて幸せだったな、よく頑張ったな、と

当時を思い出しながら作業を進めました

歳を取ったせいか、時々何とも言えない喪失感が

湧いてきて、胸が苦しくなったりしました

折しも、テレビでは悲しいニュースが流れていましたから

写真の中にも、若くして亡くなった方が何人も出てきて

その方たちのことを、思い出してたまらない気持ちに

なったりもしました

アルバムをめくって見る写真と、一枚一枚スキャン

しながら見る写真は、全然インパクトが違いました

悲しい気分になった時は、すぐに作業をやめるようにし、

精神を整えながら、無事全てのスキャン作業を終えました

やってみてわかった、写真のデジタル化のメリットは、

もちろん省スペースですが、それ以上によかったのは、

編集できることでした

会社関係は、辞める人との写真や、転勤するときに撮った

写真、何故かオフィスで皆で写したもの等

山のようにありましたが、入社してからの全てを、

わかる限り時系列に並べて一つのファイルにしました

圧巻です

友人たちの結婚式もひとつのファイルにまとめました

これも圧巻(笑)

旅行以外で、友人たちと写した2~3枚ずつあるような

しょうもない写真も、高校時代、大学時代、同期、等と

ファイルに分けて、時系列に並べました

これも色々な変化が分かって、結構面白いです

この作業、もっと歳を取って心が弱くなる前に

やってしまってよかったと思います

PC内への保存と、後付けHDDにも保存して、

念のために昔買ってあったCDにも焼いて、終了です

残った1000枚以上の写真は、処理能力の低い

シュレッダーで、少しずつ廃棄していきます

(一部残すものもアリです)

 

雑巾は嫌、ウエスという概念が気に入りました

Wastes in the bottle

昔から、雑巾を洗って干すということが大嫌いでした

汚れが落ちきれないことも嫌ですし、洗濯ばさみで

はさんで干すのも嫌、その辺にかけて干すのも嫌

ですから、雑巾がけなどほとんどせず、使い捨ての

ウェットティッシュのようなものを時々使っていました

でも、拭き掃除は大事だし、ウェットティッシュは

もったいない、そんなことを思っていた昨年、

マンションの大規模修繕があり、資材置き場に

「ウエスをご自由にお使いください」と書かれた箱が

あるのに気付きました

中はカラ、ウエスってなんだろう?と興味がわき、

早速調べてみました

ウィキペディアによると、英語のWasteから生まれた

言葉で、雑巾代わりにつかう布切れのことを言い、

資源ごみとして集められた布ものは、主に工業分野で

ウエスとして使われているのだそう

近頃は家庭でも、着なくなったTシャツなどを小さく

切って、ウエスとして使用している人が多いのだと

知りました

雑巾と何が違うかというと、

洗わずにポイするところ

これは雑巾嫌いの私にピッタリの方法だと、世間より

何年も遅ればせながら、私も取り入れることにしました

でも、小さく切った布切れをどこに収納するの?

すると、ある料理研究家の方が、かわいい瓶に入れて

いるのを知り、早速真似することにしました

それが、写真の瓶です

ホントはもう少し大きい瓶が良いのですが、わざわざ

その為に買うのはNGなので、これで我慢

ちょっと物足りないので、リバティの端切れを蓋に

のせてみました

これをキッチンに置いて、キッチンに限らず、汚れた

ところをちょこちょこ拭くようにしています

洗わないでポイするので、すごく楽ですし、

拭き掃除が億劫にならずに、良いことずくめです

まだ、取り入れて無い方、オススメします

ところで、全然違う話ですが、将棋の藤井聡太くんは

毎日将棋していて、学校はどうしているのでしょうか?

 

遅ればせながら写真のデジタル化を始めました

Now I’m going to digitize old photographs

私のプリンターは、HP社の複合プリンターで、4年前に

7000円くらいで購入した安モノです

あと1年は使えると思っていましたが、今年の年賀状を

作る時期に、印刷できない状態になり、ヘッドの

クリーニングをしながら、だましだまし使ってきました

買い置きのインクが終わったら、新しいプリンターに

買い替えるつもりで、新プリンターで写真の

デジタル化をする予定でした

既に、このプリンターのインクはほぼ全部終わり、

ほとんど印刷ができない状態の為、いつ買い替えても

良いので、スキャナー機能の良いプリンターを

探してみたのですが、、

ネット検索してみると、写真デジタル化の話題は

古いものが多く、巷ではもう終わったことなのかも

しれないと気付きました

そうですよね、デジタルフォトフレームが出た頃って

6-7年くらい前でしたっけ?

あの時に、皆、写真のデジタル化をしたんですよね

私は、未だにデジタルフォトフレームを持っていま

せんが、単に、スペース確保のためにアルバムを

廃棄したくなって、デジタル化に取り組む気になりました

凄い遅れてます!

一度に4枚のスキャンができて、一枚づつ自動的に

ファイルに保存してくれるというスキャン機能の

ついたプリンターは、高額そうなので、まずは

今のプリンターでやってみることにしました

この子は、写真のサイズを入力して、スキャン

していくだけで、速度もまあまあ、きれいにできます

こういう単純作業は嫌いではないので、サクサク進み、

このまま、このプリンターでやっちゃおうという

方針に変わりました

一応、旅行の写真だけにしていますが、終わった古い

写真を見て、困ったことに、捨てたくなくなってきました

古い写真って、アルバムに貼ってあるページを

めくりながら見るっていうのが良いのではないか、と

いう気がしてきて、困っちゃいます

捨てたら、取り返しのつかないことになる様で、迷います

皆、ホントにデジタル化後の古い写真、

捨てているのでしょうか?

 

昔買ったワッフルメーカーで、ヘルシーかぼちゃワッフルを作りました

Let’s make pumpkin waffles

10年か15年か思い出せないほど前に購入し、2-3回使って

お蔵入りしていた、ワッフルメーカーを

引っ張り出してみました

かぼちゃのワッフルを作りたいと思います

材料は;

薄力粉 150g

ベーキングパウダー 小さじ2

塩 小さじ1

牛乳 150cc

プレーンヨーグルト 50g

卵黄 2個

かぼちゃ 正味100g

無縁バター 40g

こしょう 少々

卵白 2個

砂糖 30g

本では、上記の通りですが、私はヘルシー志向なので

以下に置き換えています

牛乳 → 豆乳

ヨーグルト → 豆乳ヨーグルト

砂糖 → てんさい糖

無縁バター → 無いので普通のバター

ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、塩を合わせて

ふるいにいれ、全体を軽く混ぜ合わせて、豆乳、ヨーグ

ルト、卵黄を加え、ダマができないように泡だて器で

よく混ぜあわせます

私は普通のバターを使うので、塩は入れず

ダマは、全然出来ませんでした

かぼちゃは、皮を取ってラップして電子レンジで5分

熱いうちにフォークで潰し、ピューレ状にします

薄力粉のボウルに混ぜて、溶かしバターも入れます

(バターが足りず、20gくらいしか入れていません)

卵白にてんさい糖を入れて、メレンゲを作ります

白砂糖は使わず、てんさい糖を使いましたが

ちょっと茶色いだけで、全然大丈夫

先のボウルに、メレンゲの1/3を加え、泡だて器で

生地を全体にのばすように混ぜます

残りのメレンゲはサックリとゴムベラで混ぜます

ここで、こしょうを加えますが、私は忘れました

さあ、焼きますよ

こんな感じに生地をのせます

可愛いピーターラビットのサンドウィッチプレート

ここに、焼けたワッフルを乗せます

きれいに焼けました!

かぼちゃが滑らかにならず、ボツボツ残っていたのに

生地になじんで、なめらかに出来上がりました

ここで、たこ焼きたこちゃん登場、生地をはがすのに

使えました、良かった

こんなに出来ちゃった

さあ、いただきます

見た目カリカリな感じですが、実は、くにゃくにゃです

くにゃくにゃふわで、どうなんでしょうか

何故カリカリに出来なかったのか、豆乳、豆乳ヨーグルトの

せいなのか、お分かりの方、教えて頂ければ嬉しいです

お味は普通に美味しいですが、マスカルポーネとか

クロテッドクリームなどをつけたら、もっと美味しく

食べられると思います

私は美味しさよりも、ヘルシーさ重視なので、これでOK

2枚でお腹一杯になったので、残りはラップに包んで

冷凍保存しました

<7月9日追記>

バターを本の通り40g入れて再度挑戦

かぼちゃもホクホクに蒸したものをピューレにし

高い温度で焼いたところ、くにゃくにゃ度が

改善され、前回より美味しくできました

 

2018前期の朝ドラ「半分、青い」のヒロイン永野芽郁ってUQ

朝ドラウォッチャーの私としては、2018前期の

ヒロイン決定のニュースは見逃せません

17歳の高校生 永野芽郁ちゃんという名を見て

あれ?知らないけど、どこかで見た気がする、、

暫く考えて、思い出しました

毎日TVを観ていると、同じような番組を見ている

せいか、いつも同じCMが流れているような気がします

そんな中「UQモバイル」のCMは、3人の女優さんが

出ていて、長女は深田恭子さん、次女は多部未華子さん

まではわかるのですが、3女は誰だろう、と

ずっとわからずにいました

先日やっと、ネット検索したところ、永野芽郁という

現役高校生の女優さんだということがわかりました

でも、名前も読めないし、折角誰だかわかったのに、

嬉しくもなくそのまま忘れていました

あの子なんですね、「ながのめい」ちゃんだそうです

来年の春の前に、今年の秋もありますし、

今は「ひよっこ」が大事

石けん工場で、澄子と一緒のドラマが続くはずはないと

思ったら、やっぱり一人すずふり亭で働くことになりました

みね子は、慶応ボーイに恋しちゃうのかしらん

いやいや、同郷のお巡りさんの方が断然いいって

分相応・つりあいって一番大事なことよね

あのお巡りさん、突然いなくなっちゃって、きっと

突然別の仕事が入っちゃったのね、なんて噂して

ましたが、また出てくるようですね

あかね荘のロン毛の早苗さん、いいわぁ

やっと刺激的な人が出てきて私は嬉しいです

もう少し意地悪してくれるとおもしろいんだけどね

視聴者は、お父さんの失踪なんて、もうどうでも

よくなってきていますから、そろそろ進展が

ないといけませんね

奥茨城で、聖火リレーをやってた頃のつまらなさに

比べたら、数十倍おもしろくなってきました

そうそう、主題歌の「若い広場」の出だしは

「愛の言葉をリ~ル」なのだそうです

字幕放送で書かれているそう

益々意味がわかりませんけど

 

LG Stylerって?衣類の臭いはお風呂の湯気で取れるよね

先日、TV「ヒルナンデス」で、このようなモノが

紹介されていて、興味を持ちました

LGエレクトロニクス社の

LG Styler スチームウォッシュ&ドライホワイト

 という商品です

更衣室のロッカーのような外観ですが、衣類についた

臭いを取ったり、シワを伸ばしてくれるそうです

右の扉の内側は、ズボンプレッサーになっていて

きれいに折り目をつけてくれます

なま乾きのタオルも下の棚に置けて、臭いが取れるそう

「一日の最後に残る、服のシワ、臭い・ダニ花粉を

掛けておくだけでスッキリとリフレッシュします」との

うたい文句なのですが、ツッコミどころ満載ですよね

シワシワのシャツをこの中に入れて、シワがとれて

いましたが、普通、一日着てシワシワになった

シャツは、洗うでしょう

シワだけ取ってまた着る人がいるのかな??

ダニ・花粉が取れたら嬉しいけれど、

衣類についた臭いを取ったり、その為に

このマシンを買うとしたら、よほどスペースと

お金の余っている方向けでしょう

25万円出してこれをおける場所のある人が羨ましい♡

私は昔から、焼き肉屋などでついた臭いは

お風呂のスチームで取っています

みんな、そうしてますよね?

この2枚のショートコートは、この冬あまり

着なかったので、クリーニングに出すほどではなく

お風呂スチームでスッキリさせるだけにします

お風呂に入った後、換気をせず

湯気でもあもあにして、小一時間置くと、

ちょっと湿ってきますので

夜だったらそのまま換気をして、自然乾燥します

(乾かなかったら、朝、外に干します)

昼だったら、ベランダに陰干しします

乾いたら、丁寧にブラシをかけて出来上がりです

このカーキ色のピーコートは、

3年前のユニクロイネスのものですが

似たような、もっと良いコートがあるので

結局着ない、処分する予定です

一応、自分でクリーニング済みってことで

 

愛用の「けむらん亭」で6Pチーズとホタテの燻製を作りました

6Pチーズの燻製を作ります

いつもはさくらチップを使っていますが

無くなってしまった為、

今日は、ヒッコリーチップで燻製してみます

大さじ山盛り1杯くらいを、容器に入れて広げます

6Pチーズは、冷蔵庫から出して10分くらい

常温にしてから使います

網の上にアルミホイルを敷いて、チーズを乗せます

アルミホイルで全体に蓋をして、けむらん亭に入れます

くんせいボタンを押して、13分セットし、スタート

終了音がしたら、すぐにアルミの蓋を取って、

はい、出来上がり、美味しいよ~

とてもクリーミーになって、これが6Pチーズ?と

本当に感激します

TVで、誰かがカマンベールチーズを燻製して

いましたが、もったいないって思いました

私は6Pチーズで十分です

今回ヒッコリーチップですが、さくらとの違いは

あんまりわかりません

さて、次は、初めてホタテを燻製にしてみます

TVで郁恵ちゃんが、ホタテの燻製を食べて

「美味しい」って言ってたもので、

やってみたくなりました

附属の本では、缶詰のホタテですが、

私は、お刺身用のホタテを使ってやってみます

網にアルミホイルを敷きますが、ホタテは汁が

落ちるかなと思い、下に敷いてみました

ホタテの水気をキッチンペーパーでふき取って、並べ

新しいヒッコリーチップをセットして、

刺身用のホタテは半分に切ってあるので、くんせいは

短めの10分でセットして、スタート

はい、写真のように、出来上がりました

期待通りのお味で、美味でしたよ

塩気が欲しい方は、塩を振ってからすると良いでしょう

臭いですが、全くしないと言ったらウソになるけれど

気にならない程度です(感じ方は個人差ありますが)

フライパンでステーキを焼いた方が臭うと私は思います

燻製をした翌日に出かけて戻ってきたとき、キッチンで

微かに臭いを感じましたが、ヒッコリーの良い匂いなの

で、嫌ではないです

買おうかどうか迷っていたMちゃん、どうしたかな?

手軽にくんせい出来ると楽しいし、ワインに合いますよ

引き出しの整理をしています【書類編】

定期的に届く書類は、どんどん処理していかないと

大変なことになってしまいます

私も、手前の束を、これから処理して、古い物を

廃棄します

こういう書類は、いちいちファイルすると、更に

作業が面倒になって、やる気が起きないですよね

色々試して、今の方法が、楽で且つ見やすいので

気に入っています

その方法とは、クリップで留めて、引き出しに

バサっと入れてしまうだけ

この方法は、90歳の伯母から学びました

3年前、伯母が倒れて、家に必要なものを取りに

行ったのですが、25㎡ほどの小さな部屋ですが

モノが使いやすく配置され、綺麗に片付いていて、

大変驚きました

引き出しには、様々な書類が、わかりやすくそれぞれ

クリップに留められていて、一目瞭然、

さすが銀行を勤めあげた人は違うな、と感心しました

これが、間違いなく、私が、晩年は小さい部屋で

必要なものだけに囲まれて、こざっぱりと暮らしたい、

と思うきっかけになりました

自分の家に帰るや否や、私もクリップ作戦を始めました

古い書類を除き、最近のものだけ残してクリップで

留める作業は、簡単で力もいらず、その後の差し替えも

楽チンで、とても気に入り継続中です

皆さまにもオススメします

はい、きれいに引き出しに収まりました

気持ちいい~

後に残った紙の束は、結構な量があってめげますが、

貯めた自分が悪いので、これから廃棄作業です

名前等の個人情報は、そこだけ切り取ってシュレッダー

にかけるか、個人情報消しで黒く塗りつぶして、

手でちぎります

以前書きましたが、家庭用の小さいシュレッダーですから

処理能力が低すぎて、

ああ、会社の立派なシュレッダーが羨ましい

あれなら5分で終わるのに、30分以上はかかる作業

チマチマやるしかありません