ダーニングで可愛いお直しやってみました

以前、雑誌で見た、ダーニングという

お直しの手法、すごく気になっていたところ、

本屋さんでキットを見つけて購入しました。

早速、お気に入りのエヴァムエヴァの

コットンカシミヤセーターの穴を繕いでみます。

前身ごろの下、真ん中に虫食い穴が出来て

しまいましたが、お気に入りなので、

どうしても捨てられなかったセーター、

果たして、蘇らせることが出来るでしょうか。

 

キットの中には、ダーニングマッシュルームと

呼ばれる可愛い木製の道具と、

糸(毛糸)が入っています。

あと、やり方の説明が書かれた小冊子。

このマッシュルームが欲しくて探したことが

ありましたが、どこにも無くってね、

電球で代用出来ると書いてありましたが、

代用品では我慢できないのが私の悪い癖。

本屋さんでこのキットを見つけた時は、すごく

嬉しかったです。ちょっと高かったですけどね。

穴の下に、マッシュルームを置きます。

そして、輪ゴムで底部分を固定します。

糸の色は、ピンクと黄色にしてみました。

こんな感じで糸を通していきます。

♪た~ての糸はピンク~

縦に全部糸が通ったら、180°回転させて

今度は横糸を、互い違いに通します。

♪よ~この糸はきいろ~

斜めになってしまいましたが、出来上がり。

難しいような、簡単なような、、、

上手いような、下手なような

微妙な出来です。

裏はこんな感じです。

本の例が、カラフルな糸が使われていて

可愛かったので、ピンクと黄色にしましたが、

私の場合は、穴の位置が下の方の真ん中で、

目立たせても可愛くなかったな~

もっと地味な糸でやればよかったです。

でも、穴はしっかり塞がって、丈夫になったみたい。

(着たら意外と可愛かったです)

 

使ったキットは ↑ です。

わきの下もやったよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation