ダーニングで可愛いお直しやってみました

以前、雑誌で見た、ダーニングという

お直しの手法、すごく気になっていたところ、

本屋さんでキットを見つけて購入しました。

早速、お気に入りのエヴァムエヴァの

コットンカシミヤセーターの穴を繕いでみます。

前身ごろの下、真ん中に虫食い穴が出来て

しまいましたが、お気に入りなので、

どうしても捨てられなかったセーター、

果たして、蘇らせることが出来るでしょうか。

 

キットの中には、ダーニングマッシュルームと

呼ばれる可愛い木製の道具と、

糸(毛糸)が入っています。

あと、やり方の説明が書かれた小冊子。

このマッシュルームが欲しくて探したことが

ありましたが、どこにも無くってね、

電球で代用出来ると書いてありましたが、

代用品では我慢できないのが私の悪い癖。

本屋さんでこのキットを見つけた時は、すごく

嬉しかったです。ちょっと高かったですけどね。

穴の下に、マッシュルームを置きます。

そして、輪ゴムで底部分を固定します。

糸の色は、ピンクと黄色にしてみました。

こんな感じで糸を通していきます。

♪た~ての糸はピンク~

縦に全部糸が通ったら、180°回転させて

今度は横糸を、互い違いに通します。

♪よ~この糸はきいろ~

斜めになってしまいましたが、出来上がり。

難しいような、簡単なような、、、

上手いような、下手なような

微妙な出来です。

裏はこんな感じです。

本の例が、カラフルな糸が使われていて

可愛かったので、ピンクと黄色にしましたが、

私の場合は、穴の位置が下の方の真ん中で、

目立たせても可愛くなかったな~

もっと地味な糸でやればよかったです。

でも、穴はしっかり塞がって、丈夫になったみたい。

(着たら意外と可愛かったです)

 

使ったキットは ↑ です。

わきの下もやったよ!

ピンクのリネン地でカシュクールを縫いました

「ひよっこ」ももうすぐ終わり、寂しいですね

終盤は、全員が主人公になってきていますけど、

早苗さんの「エレベータ話」は、無理やり作った感が

あってイマイチだと思ったのは、私だけでしょうか

あとは、みね子と秀、愛子さんとシェフがうまく

いってめでたしめでたしで終わるのね、きっと

私は、世津子さんが、家を出る時に鍵をかけなかった

ことだけが気がかりです

きれいなピンク色のリネン生地があったので、

カシュクールというものを作ってみました

平たい私の身体には最も似合わない形だと思うけれど

着てみたい欲求にかられ、

買うのははばかれても、作るのならいいでしょう、と

参考にした本は↓

随分若向けの本ね、と言われそうですが

この本では、ピラピラ部分のギャザーがすごく多くて

可愛いすぎ、絶対似合わないのと、布が足りないのとで、

目一杯ギャザーを減らしました

簡単ソーイングで、若向けなせいか、見頃にダーツも

入らないので、すごく寸胴な造り

仕方がないので、後ろには、縦にダーツを入れました

でも、前身ごろにもダーツ入れればよかった、と

出来上がってから少し後悔

着ると、寸胴ブカブカ感満載です

夏も終わりだっていうのに、それに服減らし中だって

いうのに、こんなもの作ってどうするのかしらと

言われそうですね

でも、来年の夏、ノースリーブワンピースに

羽織るのが楽しみです

そもそも、この本を買ったのは、表紙のブラウスが

可愛いと思ったからなのです

流行りの形だから着てみたいけど(若向けだし)

買うのはちょっとね、と作ろうと思ったわけです

ただ、ピンクのリネン地をカシュクールに使うか、

表紙のブラウスに使うか迷った末、

ピンクをカシュクールに譲ったため、残った布の

候補は白地にちいさい紫のバラ柄の綿、

ちょっと服作りも飽きてきたので、保留にします

どうでも良い話を最後まで読んでくださって、

ありがとうございました♡

 

 

リネンの布で、スカートとブラウスを縫いました

この4個の箱には、ここ15年くらいで買いこんだ

リネンやコットンの布が入っています

引越しまでに、なんとか箱2個に減らしたいと思い、

のれんやらテーブルクロスやらを作っています

まぁ、布からproductに変化するだけで、

モノ減らしにはならないんですけれどね

15年ほど前に、リネンとこの本に出合いました

前田まゆみさんというイラストレータの方が書かれた本

ですが、彼女はリネンが好きすぎて、

リネンの布屋さんをはじめたのだそう

それが Linnet というサイトで、実店舗は京都にあるので、

私は専らサイトで購入していました

前田さんはイラストレータでいらっしゃるので、ご自分で

デザインしたオリジナルのリネンや、良質なリネン、

コットンを扱っていて、どれも素敵なので、50cmとか

1mとか、半端な量の布を時々買って貯まって、

今日に至ります

Linnetで買ったリネンのタオルクロスを出して、サイトでも

紹介している、イージースカートを、今日、作ってみました

1mあったので、筒に縫い、ウエストに薄いリネンリボンを

縫い付けて紐通しにして、ヒモが無かったので、ブランド

リボンを仮に通しましたが、結構可愛いみたい

厚手のリネンで暖かいので、これからの季節のワンマイル

ウエアとして着ようと思います(意外に似合ったの)

昨日は、グリーンの麻で、簡単なブラウスを縫いました

奥の赤い evam eva のコットンシルクのブラウスの

サイズ感がピッタリだったので、これを真似ました

この形は流行りですが、ダーツも何もない平らな形

ですから、サイズ感がとても大事

布がたった1mしかないので、縫い代を目一杯少なくし

袖は5分になっちゃいましたが、

ピッタリに出来上がりました

布が上質なリネンで、きれいな色なので、いい感じ

まさか、あるだけの布で、適当に作ったとは

思われない出来でしょう

「ひよっこ」みね子の部屋の、のれんを真似て作ってみました

8月29日の「ひよっこ」でお目見えした「のれん」です

ちょうどビデオに撮っておいたので、後から確認

することができました

「すずふり亭」で使っていたのをもらったのかしら?と

思わせるレトロな感じがいいですね

さて、これを真似て作ってみたくなりました

これは、リネン100%のトリコロール、派手なので、

テーブルクロスくらいしか作れないかなと思って

いましたが、のれんにピッタリじゃないか、と

引っ張り出してきました

のれんを作った後、残った生地でテーブルクロスも

ちょうど作れそうなので、いい感じです

まずは型紙作りですが、まあるいことが大事、

でも、コンパスが無いので、お皿で代用します

こんな感じかな

型紙に合わせて布を6枚切り、2枚ずつ袋に縫って、

急いでユザワヤで買ってきたボンボンブレードを

縫い付けました

このボンボンブレードが高いのよ

ハンパ物で30%引きだったからまだ良かったですが、

2mで1331円もしましたの

色は、本当は赤とかトリコロール3色のとかが

欲しかったのですが、無いので仕方なくピンクです

無駄にしない為には、ちゃんとしたものを作らねば

みね子ののれんをよく見ると、上部に波型の布が

かかっています

これをどう再現するか、、まずは型紙づくり

缶の丸を使って、こんな感じに波を作ってみました

試行錯誤を重ねて、やっと出来上がりました♡

みね子は画鋲で留めていますけど、これは、100均で

買ったツッパリ棒で取り付けました

どう? どう~お? どうですか?

毎度のことですが、誰も褒めてくれないので自分で

言っちゃいますが、才能あるんじゃないでしょうか

ちゃんとまあるい特徴を再現してますし、

見えないですけど、裏側にもちゃんと波型の布を

下げてあるんですよ

手作りの布ものを、家じゅうに飾るのは趣味では

ありませんが、キッチン入り口の

これくらいなら可愛いですね

くにゃくにゃの麻袋を作りました

昨日の今日ですが、くにゃくにゃの麻袋を作りました

生地は、大昔に買った粗い麻のキッチンリネンで、

何かを作るのに半分使った残りを使います

残り布のため、若干小さめの袋になります

縦32cm 横35cm マチナシ です

取っ手には、リネンのテープがあったので、これを

使ってみます

本来は、半分に折って使うバイアステープかも

しれないけれど、厚地なので取っ手に

ちょうど良いんじゃないかと思います

チェック&ストライプのぶたさんのタグをつけます

かわゆいでしょう

両脇の裏の始末ですが、粗い生地でほつれ易いので、

縫い代は、丸め込んで縫い付けました

補強もできて一石二鳥です

裏もつけず、マチもつけないのですっごく簡単

あっという間に出来上がりです

ぶら下げるとこんな感じです

もう少し取っ手が短くても良かったですね、難しい!

こういう袋は、畳めて軽いので、バッグの中に入れて

持ち歩き、エコバッグとして使えて便利だと思います

自己満足ですが、なかなかよくできました

今日は朝の「ひよっこ」がミサイルのせいで中止に

なりましたが、昼観れてよかった

今日初めてお目見えしたのか、私が気付かなかっただけ

なのか、みね子の部屋の入り口に掛かっているのれん、

ご覧になりましたか?

かなり可愛いと思います

派手な柄の生地で、丸く、大き目のボンボンリボンで

縁取りすれば良いので、作ってみようかしら、、

なんせ、布がいっぱいあるもので

私の愛用しているミシンたちです(右はロックミシン)

両方とも、ユザワヤで洋裁を習う時に購入したので

もう20年以上経っています

ロックミシンは壊れかけていますが、買えないので

だましだまし使っています

このミシン台にしている机は、幅1m、奥行き45cmで、

ちと大きい為、新居には入らないと諦めていましたが

やはり、ミシンが大好きなので、いつでも使えるよう、

この机も持って行くことにしました

狭くなりますが、なんとかレイアウトできそうです

 

今日は、麻の布でトートバッグを作っていました

写真右に見えるのは、麻のリボンでずっと昔に買ったもの

ですが、これに似たものを取っ手にした、くにゃくにゃの

麻バッグが売られているのを見て、トートバッグ作ろうと

思い立ちました

あんまり簡単なのは嫌だと思うのが悪い癖で、

裏地をつけようと思います

表地は麻100%で少し光沢のある生地、裏地は柄物が

良いですが、取っ手のオレンジストライプに調和する

柄となると、あまり派手なものではいけません

色々持っている中で、この花?柄の生地に決めました

裏地をつけるとなると、ポケットもつけたくなります

すると、チェック&ストライプのタグもつけたくなり、

表のワンポイントに使う予定のルクルゼ鍋風の

アップリケとお揃いの鍋のタグをつけてみました

そもそも、チェック&ストライプのタグは、この鍋柄が

最初の出会いでした

可愛いです

マチもあった方が使いやすいよね、と5cmのマチを

つけました

表地と裏地、両サイドの縫い代を、5cmくらいしつけ糸で

縫い合わせて、固定させます

裏返しをしたところです

表のワンポイントですが、鍋のアップリケより

合うものはないかと、ちょっと他のものもあわせてみます

犬も可愛いし、ひつじもいいですが、子供用ではないので

やはり、鍋のアップリケにしましょう

バッグの上部に、接着芯をアイロンで貼ります

どうしてもしっかり作ろうとしてしまいます

(麻リボンの取っ手だからしっかりしてなくていいかも)

バッグ上部です、鍋のタグが可愛いでしょ

こんな感じに表地と裏地を合わせて、しつけして

アイロンをかけてから、ミシンで縫います

麻リボンをこんな風にミシンで縫い付けました

鍋のアップリケも、ミシンで縫いました

はい、出来上がりました

ぶら下げるとこんな感じ

置くとこんな感じ

まあまあでしょうか

マチをつけるとあか抜けない気がするけど、

使いやすさ重視ってことで

出来上がり寸法は、縦29cm 横33cm マチ5cmです

次回は、くにゃくにゃの麻袋作ります

台形スカートの裾広がりを自分でお直ししました

2年前に購入した、マーガレットハウエルの麻ツィードの

スカートですが、今年着てみると、どうも裾の広がりが

可愛すぎて、似合わない気がします

ちょうど暇だったので、よし、お直ししましょ

まずは、裾のまつり縫いをほどきます

この赤い柄の道具の名称、忘れてしまいましたが、

よく切れるので、細心の注意を払いながら使います

生地を切ってしまわないようにね

これ、本当は、ボタンホールの穴を切る時に

使うモノですが、糸切りに使っちゃってます

ほどけたら、アイロンをかけておきます

そして、脇の縫い目になるところに、伸び止めの

テープをアイロンで貼ります

黒のテープがなかったので、白テープで失礼

歳をとったせいか、どうせ見えないから、

白で良いのだと思う、いちいち買いには走れない

黄緑色の線が入ったプラスティックの物差しは、

L尺といいます

丁度よい幅の別のスカートのサイズを測ったところ

両脇の裾を1.5cmづつ詰めることにします

L尺で、測りながらまっすぐにチャコペンシルで

縫い線を書きます

ミシンで縫った後は、またもやこの赤い柄の道具を

使って、元の縫い目をほどきます

そうそう、ミシンは、ポケットの下あたりから

縫いますが、元の縫い目と重なる部分をしばらく

縫って、自然なカーブで上手に裾まで縫わないと

角が出来たりして汚いので、気をつけます

ほどけたら、綺麗にアイロンをかけます

ポケット下の縫い目の始まりは、特に丁寧に

アイロンをかけて、縫い始めが分からないように

最後に裾上げですが、このように、2箇所を丁寧に

しつけすると、仕上がりが断然きれいです

裾をまつったら、アイロンをかけて

はい、出来上がり

綺麗に出来ました

あまり変わらないように見えるかもしれませんが

着た感じは、裾の広がりが減って、かなり良くなりました

所要時間は全部で、2時間程度

頑張りました

洋裁はユザワヤで2年間習って、中級まで卒業しました

I like to make dresses

30代後半の2年間、ユザワヤの洋裁教室に通いました

それまでも、ミシンが好きで、パターンを買っては

洋服を作っていましたが、自分でデザインした服を

自由自在に作ってみたいと思い、

正式に習おうと考えたわけです

教えて頂いた作業は、細かかったですね

型紙を作って、生地を切るまで、それはそれは時間を

かけて丁寧に作業していきます

型紙を作ったら、まずはシーチングと言う

安いコットンの布を使って縫い、補正が必要なら

型紙を調整していくのです

そして、その後やっと本物の布を裁断して、

更に仮縫いをします

布を裁断する段になれば、もう終わったも同然だと

先生は仰っていました

縫っていく行程では、一番大事なのがアイロンかけ、

少し縫ってはアイロン、また縫ってはアイロンの

繰り返しで、おかげで出来上がりがとてもきれいです

それから、しつけも大事、裾上げは、それまで待ち針で

止めてそのまま縫っていましたが、しつけを2箇所して、

アイロンをかけて裾上げすると、

出来上がりが断然違います

ロックミシンにも感動しました、これがあれば、まるで

既製品のような仕上がりです

教室では、スカート、ブラウス、ベスト、パンツ、

襟付きワンピース、テーラードジャケットスーツなどを

作りましたが、仕事がとても忙しくなって通えなくなり

中級で止めてしまいました

そして、残念ながらパターン作りはとても難しくて、

習得できず、自分でデザインした服作りは

夢に終わりました

補正の仕方もよくわからず仕舞い

(補正のいらない体形だったもので)

でも、身体にピッタリ合わせて作った服というのは、

着心地はよいとは思いますが、見た目はカッコよくは

ないな、と内心感じました

カッコイイ既製服に、自分の身体を合わせる方が、

断然カッコイイ、と思ったわけです

とはいえ、洋服づくりの基礎を学んだことは決して

無駄ではなく、その後、面倒なことは省きながらも

適当でも、それなりに作っては着て楽しんでいます

写真は、3年前にいっきに作ったワンピース7枚です

パターンは、以下の本2冊を使いました

写真左のグレーのワンピースは、シルクで、総裏をつけた

自信作ですが、着ていく場所がなくてまだ着ていません

今年の夏は、このワンピースをたくさん着て、着倒して

何枚かは断捨離しないと、と思っています

昔、佐藤ちひろさんの刺繍教室にも行きました

随分昔、10年以上前ですが、カルチャースクールで、

佐藤ちひろさんの刺繍教室に、3か月通いました

LEEか何かの雑誌で、佐藤ちひろさんの記事を読んで

興味を持ったからなのですが、エスカという、

デンマークの刺繍を施した箱が、それはそれは素敵で

その世界に憧れを抱きました

最初に作ったのは、写真左上の箱、エスカです

これはごく初心者向けのものですが

Sの刺繍は、先生が予め刺してくださったもので、

お教室では、ボール紙に布や紙(中)を貼って、箱を

組み立てて作りました

作り方はもう全く覚えていませんが、とても細かい

作業で、二度と作れない、と思いました

結構、手先が器用な方だと、自分では思っていましたが

世の中には、信じられないほど細かい作業の

できる方がいるんですね

次に作ったのは、右のピンクッションだったでしょうか

そら豆の刺繍をしたものです

写真にはよく写っていませんが、周りに玉を点々と

刺してあって、とても繊細なものです

右上は、人参の刺繍をした、ノート型のピンクッション

中に、フェルトを数枚縫い付けてあります

これも、周りに、こよりで作った紐を

縫い付けてあります

最後に手前の巾着、裏の処理が丁寧でとても驚きました

全部手縫いで、紐も、刺繍糸でこよりをして作った

もので、こんなものまで作るのだと、びっくりでした

羊の刺繍は、耳がすごいの

細い針金に、刺繍糸を糊で巻き付けて、ぐるぐる巻きに

して耳を作るのです

拡大写真は ↓

これだけを見ると、とても上手に出来ているように

思いますが、先生が作られたものと比較すると、大人と

子供ぐらい違うのですよ

先生って本当にすごいと思います

モノグラムに目がない私、この本、欲しいなと考え中

佐藤ちひろさんの本なら間違いないと思います

この本に、羊の刺繍が載っていました

とても可愛い本です

結局、佐藤先生のお教室は、高度すぎて、

3か月でもういいかな、と思ってやめてしまいました

次は、もう少し、普通の刺繍のお教室に

行ってみたいです

 

手編みのセーターは、着ていなくても、かさ張っても捨てられない

Love knitting but not that much fun to wear

5-6年前に立て続けに編んだセーターですが、右奥の

黒以外は、今年も着ませんでした

編むのは楽しいですが、着るのはそれほどでもないのです

真ん中のアランセーターなど最たるもので、

カシミヤ20%入りの良い毛糸を使い

模様が出来上がっていく様子が楽しくて、

でも出来上がったらもう満足

ちょっとガバガバして着心地が良くないので、

人に差し上げることもできないし、悩ましい

左奥の編み込みも、編むのは楽しかったけれど、

着るとあまり似合わない気がして着ていません

手前左のグレーは、アルパカで軽くてふわふわ

暖かいですが、来年は着るでしょうか

右奥の黒は、カシミヤとシルクが50%ずつの

極上毛糸なので、着心地よく

毎日のように家の中で着ましたが、

なかなか着倒すまでに至りません

お揃いの帽子もアラン編みで作りました

(写真が暗くてわかりませんが)

手前右のVネックもカシミヤ入りで肌触りは良いですが

色が地味過ぎて、出来上がりのイメージが違い、

今年も着ませんでした

手編みは、ある程度太い毛糸を使うため、

出来上がりがバルキー

出来上がらないと、似合うかどうかもわからないですから

やたらめったら編んではいけないですね

かさ張って収納に困るので、ほどくという手もあり、

引っ越しまでに考えたいと思います

世の中の編物好きな方々は、どうされているのでしょうね

そのくせ、今年こんなものを編んでいます

白のカシミヤとシルク50%ずつのやわらかい毛糸で、

ラグラン袖のセーター

身ごろは出来上がり、袖の途中で止まっています

前の写真の黒いセーターと色違いの毛糸ですので

着たら気持ち良いはず、気になりますが

フェアアイルのベストを先に仕上げないといけません