断捨離も最終段階、フリマでガラクタ売りました

先日、フリーマーケットで売れ残ったガラクタです。

右の方にあるバッグやポーチは雑誌の付録なので

この後捨てました。

左下の青い袋は、ピッコーネのものですが、散々

使用したので棄てようか迷い中。

ベルトはトレファクの買取もダメだったし、

フリマでも売れず ←でも次回も出品します。

下の方にある小さいものは、ディオールの香水の

ミニチュア、セットで機内で売ってるものです。

香水は、左の2本は、まとめて300円で売りました。

後、黒っぽいスプレーと瓶は、「禅」なんですが、

これも200円だったかな、買ってくれました。

みんな古いものですし、中味が入っていると

捨てたくても捨てられないので、買ってもらって

ホントに助かりました。

残ったディオールのミニチュアは、小さいのでOK

左のマドレーヌちゃんの入れ物は、可愛いのだけど

使い道がなかったので、フリマに500円で出したら

値切られて、400円で売りました。まあ、いくらで

買ったか覚えていないし、かさ張るので良かったです。

右の貯金箱は愛用中。

このマリアージュフレールの瓶も売れました。

100円也

イヤな思い出とともに忘れ去ります。

これらの他にも、バッグや履き古した靴、

ハンガーとかおまけで貰った箸とか、

クレヨンやコンセントカバー等々が処分できました。

今はメルカリ全盛で、フリーマーケットを

利用する人は少なくなっているようですが、

それに輪をかけて3月中で最もお客さんが少なかったと

いう3月31日、馬車道駅ナカフリーマーケットにて

私は、場所代800円(4人で分けたので)払って、

手取り4600円の売上でした。

まあまあ良いんじゃないかしらね。

買ってくれた人がどうなの??っていう

問題は残りますけどね。

まだ荷ほどきをする前から、手を伸ばしてきて

勝手にバッグを開けて持って行こうとする、

ハイエナのような人たちが買っていくのです。

ほぼ転売目的の人たちですね。

でも、そのタイミングで売れないと、ほとんど

残ってしまいます。

純粋に買いに来ている一般人がどれだけいるのか

疑問ですね~

あとは、同じように店を出している人たちが

覗きにきて、1つ2つ買っていくって感じ。

そしてまた、仲間うちでも買いっこする始末。

でも、なんだかんだで、不用品が激減した我が家です。

いよいよ新居でのスッキリ生活が近づいてきましたよ。

 

秋冬物をトレファクに持って行きました

暑い、、でも♪風は秋色ね、と聖子ちゃんの歌を

歌おうと思ったら、浮かんでくるのは♪風立ちぬ、

風は秋色ってどんなんだったかしら、、、

そうそう、オー・ミールキースマーィル♪だった?

面倒くさくて絶対やりたくない事が、涼しくなると

何故かやる気になります

トレジャーファクトリーに秋冬物を持って行こうと

昨日思い立ち、ディオールのシルクワンピとMOGAの

ジャケットを、お風呂の湯気でしわ取りをして、

陰干しをしました(写真)

おそらくこれで最後になるであろう、と両手いっぱい

袋に詰めて持っていきました

以前頂いた、買取額3割増し券も忘れずに持ってね

今回売れたのは以下の6点、計3900円也( )内は購入年

・イタリア製ニットジャケット(2013年)

・厚手シャツワンピース(2015年)

・無地ラボ・ニットワンピース(2015年)

・エーグル・ボアベスト(2013年)

・ユニクロイネス・カシミアセーター(2014年)

・オリバー・アルパカロングセーター(1995年くらい)

そして、買い取ってもらえなかったものは、、

・エストネーション・カーデガン(2000年くらい)

・MOGAジャケット(2002年くらい)

・Dior シルクワンピース(1983年)

・ユニクロ・カシミヤキャミソール(2007年くらい)

・セイ・カシミヤセーター(2006年くらい)

買取り出来ない理由は、「古いものはちょっと、、

3~4年のものでないと難しい」とお兄さんは言って

ましたけど、オリバー君のセーターは20年以上前の

ものよ、オリバーと言えばヴァレンチノの愛犬パグが

モチーフの、今は無きブランドですから

古いことはわかっているのに買ってくれたじゃないの

あのセーターはすごく可愛くて状態も良いし、売れそう

だからでしょうけどね

ずっと手放したくなかったけれど、極寒地用と言える

ほど暖かいので、着ないのです

折角手間暇かけて陰干しした、ディオールとMOGAは

売れず、どうしたものか

委託販売も無理でしょうね

そう言えば、7月に預けた委託販売が売れたかどうか

電話してみたら、10点中2点しか売れていませんでした

私のサンダルは残ってました

やはり一度フリマをやるしかないかな

 

ブックオフでアロマポット、スタンド、本を売ってきました

Sold an aroma diffuser & a desk lamp & books

このアロマポットは、かれこれ20年経ちますが、

例によって、ほとんど使っていません

ずっと香っている状態がどうも苦手で、珍しいうちだけ

使い、後はしまったままになっていた為、まだきれいです

10年以上経った家電は、買取してくれないときいて

いたので、フリマに出そうか、捨てようか、ここ数年

うだうだ迷い、考えておりました

写真の左は、無印良品で買った「素焼きストーン」

10個入りで650円です

ここにアロマを数滴たらすと、しばらく

香ってくれるので、まさに私にうってつけです

電源が無くて、アロマポットが焚けない車の中などで

使いたい方にも良さそうですね

こんな良いものを見つけたので、アロマポットは

いよいよ手放す決心をしました

これも、懸案だった電気スタンド、やはり20年選手ですが

あまり使っていないので、性能面は問題ないはず

ちょっとキズもあったし、買い取ってもらえない

可能性は高いと思いつつ、粗大ごみにひっかかる

微妙なサイズ感に、捨てるにも不安があり、とにかく

持って行ってみることにしました

本もね、すぐ増えてしまいますね

本箱を諦めたので、転居の際には本当の愛読書のみを

持っていこうと思い、少しずつ処分しています

大量にあった料理の本も、随分減らしました

ネットがあるから全部捨てても良いという境地には

まだ至らないので、気に入ったレシピが載っている本は

残してあります

さて、今日も暑いのに、我ながらマメだと思いながら

これら全部をショッピングカートに詰めて

ブックオフに行ってきました その結果は;

アロマポット・・50円

電気スタンド・・50円

本・・・・・・・540円

アロマポットも電気スタンドもいつ買ったものか、

聴かれなくてラッキーでした

モノを売却する理由は、お金が欲しい為ではなく、

まだ使えるものを処分する、罪悪感を和らげるため

ですから、少しでも高く売ろうという気はありません

今回も、どこかの誰かが買って、使ってくれるのは

ありがたいと感謝しながら

やれやれ、もう無駄買いはしないぞと

改めて誓うのであります

 

古い外貨を整理、コインはユニセフに寄付しました

Donated foreign coins to UNICEF

引き出しの奥に眠っている、旅行後の残った外貨、

皆さんもたくさんお持ちではありませんか?

なるべく旅行終了までに使い切るよう、

コインをかき集めて、最後の空港で買い物をするものの

どうしても、残ってしまいます

コインは、日本では両替が出来ないし、かといって

捨てるわけにもいかず、持っているはめになるのですね

私は、国毎に封筒に入れて引き出しの奥に入れていました

持っていたのは以下の通貨です

・インドルピー 2ルピー札とコイン

・インドネシアルピー お札1300ルピー分とコイン

・エジプトポンド お札6ポンド分と25piasterという

 単位のお札、コイン

・イギリスポンド コイン

・韓国ウォン コイン

・台湾元 お札660元分とコイン

・シンガポールドル お札26ドル分とコイン

両替できそうなのは、台湾元とシンガポールドルくらい

シンガポールにはまた行きたいとは思いつつ

まだ全く未計画の為、ひとまず両替をしてしまおう

台湾にはもう行かないでしょう

上記の他にUSドルと香港ドルも持っていますが、

ハワイと香港には今後も行く機会があると思うので

キープしてます

まず行ったのは、横浜駅東口の横浜銀行の外貨両替プラザ

ちょうどタイミング悪く、今から1時間昼休みだった為、

西口の横浜銀行3Fにある外貨トラベルセンターという

ところに行ってみました(感じ悪かった!)

ここで、シンガポールドルと台湾元のお札を両替して、

合計4096円也

思ったより多くて、ちょっと嬉しい!

コインは、UNICEFに寄付するつもりでしたが

どこの銀行でも受け付けていると思っていたのは間違いで

三井住友銀行まで行くことになりました

インド、エジプト、インドネシアのお札は

日本では両替できない為、これも募金箱に入れてきました

30年分の忘れ物を整理した気分で

引き出しも空いたし、スッキリしました

私の「モノ減らし」は少しずつですが進んでいます

元町のバターというヴィンテージショップに行きました

Sold them at a vintage shop ‘BUTTER’

少し前に、お花見がてら元町に行った時、

BUTTERという小さなヴィンテージショップを発見

あいにく、買い付けでアメリカ出張中とのことで

入れませんでしたが、ショーウィンドウを見ると、

昔のアメリカっぽい人形が並んでいて

何かうちにあるもので、買取してもらえるものが

あるのではないかとひらめきました

うちにあるものは、もはやヴィンテージですから

実は、ここでの目的は、別の物でしたが、

それはまだ未解決なので、また後日

この3体のろうそく、誰からのお土産か忘れましたが、

20年以上前に戴いたハワイのお土産です

すごくかわいくて気に入っていましたが、

今回、断捨離の対象に

ろうそくなので、非常時に使うことも考えましたが、

BUTTERに行く時に、試しに持っていきました

開店時は、ほぼ、男の子のヴィンテージ服の店でした

感じの良い男性店主に、恐る恐る聞いてみたら、

本来の目的の方は、やはりだめでしたが、ご親切に、

買ってくれそうな店を、スマホで調べて教えてくれました

そして、このろうそくには、興味を示してくれて、

各100円、計300円で買い取ってくれました

売るためではなく、

ハロウィーンの時に店に飾りたいのだそうです

折角来たから、お情けで買ってくれたのかなと思います

交通費にもならない金額ですが、捨てて無になるより

店に飾ってもらえるならバンザイです

返す返すも、洋服の買取額の率は低いですよね

これはドイツで購入したANRIというブランドの

木彫り人形ですが、どうかな?とついでに見せたら、

ヨーロッパっぽいのでだめでした

もっとポップなものが欲しいそう

その後、ネットで検索してみたら、

ANRIってイタリア製でした

ドイツで、1万5000円くらいだったと思います、

33年前ですけど

ヤフオクで3000円くらいから出ていましたから、

またどこか、買い取ってくれる店を探します

登山用品の一部をマウンテンシティで買取してもらいました

Sold them; I still can go for hiking though

狭い家では、これくらいでも

使っていなければ邪魔になります

私を山に誘ってくれた友人が、脚を痛めてしまい

もう山は登らないというので

私もこれらの物を使用するような登山には、

もう行かない、ということで手放すことにしました

(元々、高尾山がメインでしたけどね)

左上から、KEENのサンダル(1回使用)

SCARPAの登山靴(10回以上使用)

モンベルのペットボトル入れ

登山用スパッツ(1回使用)

Colemanウエストポーチ(10回程度使用)

ヘッドライト(壊れているかも?)

先日、マウンテンシティという買取業者をネットで見つけ

依頼しました

無料で宅配業者が集荷してくれて

後日、買取額をメールで知らされ、

良ければ振り込まれるというしくみです

ちゃんと、指定した日時に宅配業者が集荷に来て

3日後には買取額がメールで知らされ、

了承のメール返信後4日後(間に土日が入った)には

振込完了のメールが届きました

振込額は、4050円でした(内訳はナシ)

自分でダンボールを用意したので、

査定額が500円上乗せされた額ですが

日頃、100200円で一喜一憂している身としては

随分高く買い取ってもらえた気分で、満足しています

対応も良かったです

申込み時に、身分証明書のコピーと振込先銀行を

求められますが、同時に送るのは怖かったので

先に、身分証明書のコピーを送り、電話で確認し、

振込先銀行は、買取額を知らせるメールが

来てから送りました

うちにはまだ、軽いハイキングにいける靴、

リュック、ステッキなどは残してあるので

まだまだアウトドアは楽しめます

また、登山用のレインウェアの上下は優秀なので、

非常時用にとってあります

今年処分したMOGAのコートとスエードアンクルブーツ

Sold this coat and boots this season

 

このコートは、10年前に購入したMOGAのものです

(写真はまだ新しい頃ので、

実際はもう少しくたびれてます)

2枚仕立てというのでしょうか、前立てと袖口に

ラクーンの毛がついた薄いダウンコートと

ナイロンコートが別々に着れるようになっています

便利かと思いましたが、

結局別々に着ることはありませんでした

何故なら、ナイロンコートはダウンの上に重ねて

作られているため、単独で着ると大きいのです

また、毛の付いた薄いダウンは、

着る季節がなかったと言えます

袖口の長い毛も、邪魔になりました

買う時には注意が必要だと思います

結局、寒い日に時々着た程度で、数年前に

クリーニングに出したら、1万円もかかったため

その後は着ずに、箪笥の肥やしになっていました

かさ張るこのコートをどうしたものかと

気になっていましたが去年10月に思い切って、

行きつけのトレジャーファクトリーに持っていきました

すると、300円と言われました

これ、12万したんです

店のお兄さんに聞くと、マダムっぽいからとのこと

そうね、トレジャーファクトリーは若い子向けで

こんなものが?という物が

高く買い取ってもらえたりしますから

さすがに、300円は悲しすぎるので、一旦持ち帰りました

以前、利用した委託販売なら、ブティック風でお客さんの

年齢層が高いのでよいかと思い

しばらく後に、持っていきました

年配の店員さんに相談したら、売れると思うと

言ってくれたのでお値段もお任せして預けました

その委託販売のシステムは、年会費、委託料(1品毎)が

かかり、3か月間預かってくれます

そして、売れた場合は、値段の4割を、

振込料が引かれた上で振込まれます

スエードのアンクルブーツと一緒に預けて

1か月後に確認したら、もう売れていました

振込額は、5380円也

コートは、12000円くらいで売れたようです

そのお値段で買って着て下さる方がいて、

なんだかホッとしました

iPodは放っておくと壊れてしまう

iPod will be broken if don’t charge a battery for awhile

iPod nano 第6世代というものだそうです

軽くて、クリップでウエアに挟めるし

走行距離や時間も記録できるので、愛用していましたが、

ランニングをサボり始めて

しばらくぶりに使おうとしたら電源が入らない

PCにつなげて復旧できるときいて、一度は成功したものの

また数か月放置したら、もうバッテリーが上がってしまい

使用できない状態になりました

充電はできているようなのに、ON出来ないのです

ネットで調べたら、充電式ってそういうものらしいです

(デジカメは大丈夫ですけど?)

アップルストアでバッテリーを買えばいいらしいですが、

新品に買い替えた方がよいほどの、結構なお値段とのこと

因みに今、アマゾンで、新品は2万~25000円くらいです

購入時、確か、1万円しなかったと思いますが、

思い違いか、値上がりしたのか、どちらでしょうか

捨てるには、普通ゴミに紛らせてよいのか、

小さな金属で出すべきか、迷っているうちに

面倒になって、引き出しの隅に眠っていました

ふと思い立って「壊れた iPod 部品売れる?」と

ネット検索してみたら、本当かどうかわかりませんが

買取しているようなことが書かれていました

今度、トライしてみます

→ 3月20日 Bookoffにて本体100円、

ケーブル100円、計200円で売却

同じものが中古で5980円で売られており、うっかり

買いそうになりましたが留まりました

危ない危ない

店員さんに、つい「あれはOFFにして置いたままで

バッテリーは上がらないんですか?」と聞いたら

「点検してますから」だそうです、当然ね

因みに、この電子辞書は、

電池を取り換えながら17年間も使用してます

機械のしくみが違うのでしょうけれど、

こういう製品が私は好きです

数か月使わないだけで壊れる製品って、

商売がお上手としか言いようがないですね