イージー・ドゥ・ダンササイズは勿論すぐ挫折しました

Unable to carry out this dancing exercise

2年前の年賀状に「Eazy do ダンササイズ挑戦中」と

書いた覚えがあるので、2014年の年末頃に買いました

少し前に興味を持った時に、セットで9900円だったので

諦めたのに、バラ売りで980円になったところを

買っちゃったんです

割と器用な方ですが、運動系はダメ、その中でも最も

出来ないのがダンスです

その分、踊れるようになりたいと憧れるんですね

すごく練習したら踊れるかもしれないなんて思って、

でも、この表紙のサムのポーズ、

ちょっとやってみてくださいな、出来ますか?

私は出来ない上に、手も足も腰も全部つりそうになります

静止画でそうなら、動画の難しさは計り知れない

丁寧に教えてくれるのですが、どうも画面と向き合って

いると、向かって左だから、こちらは右手だなどと

頭が混乱してきます

向こうはこちらと同じ動きをしてくれるのだから、

向かって左は、こちらも見たままの左手でよいのだと

わかっちゃいるけど、ぐちゃぐちゃになります

脚をつけたら更に訳が分からなくなってギブアップ

要は、これはレベルが高すぎるのですね

説明をよく読んだら、15分のプログラムで最大255kcal

消費するそうで、テニスの3倍の消費量だそう

見様見真似で身体を動かしているだけで

15分で、全身汗びっしょりになってしまいます

ものすごい運動量であることは間違いないです

昔、マツケンサンバのビデオを友人にあげたことがあり

一緒にやってみたけれど、やっぱり出来なかったな

難易度は、イージー・ドゥ・ダンササイズよりは

ずっと低いのでしょうけど

恋ダンスだって、早すぎてコマ送りにして覚えようと

思ったけれど、覚える前に嫌になった

やっぱり、私にはラジオ体操しかないようです

毎朝Eテレ625からのテレビ体操を行った後

近所をお散歩するという生活が、私の老後の目標です

どうしてラジオ体操なら、新しいポーズでも難なく

出来るのか、真剣に検証してみると、ラジオ体操は、

左右別々の動きがほとんどないのです

だから、画面と向かい合って動いてもわからなくならない

脚の動きもゆっくりでわかりやすい

それがダンスと体操の違いなのだと言われたら

身も蓋もありませんけどね

おばさんって香水はもうつけないの?

I no longer use perfumes, how about you?

断捨離前は、この倍くらい持っていた香水ですが

今はこれだけ、洗面台の扉の中に飾り、開ける度に

ふわっと漏れる香りで満足しています

ディオールのミニボトルセットは、JALの機内販売で

買ったもの、これも、もう7~8年前のもの

全部古いです

この頃は、香水をつける習慣がすっかりなくなりました

女性ホルモンの減少と共に、異性を意識しなくなった

ことと無関係ではないと思われます

若い頃は、香水(コロン)を付けるのが当たり前で

ディオールの柑橘系が好みでしたが、

いつからか、胸やけしたり、気持ち悪くなりだしました

香水が匂うと、食事も不味くなる気がします

最近手首が痒いのは、香水つけていたせいじゃないかと

疑いたくなるほど、もう香水には興味ありません

清潔にして、臭くなければいいと思っています

これがおばさんの境地だと言ったら怒られるでしょうか

テレビで女優さんやイケメン俳優が

「いい匂いしますね」って言われてる場面、

よく観ますが、どんな匂いなのでしょうね

ちょっとつけてるくらいでは、さほど匂いませんから

プンプンなんでしょうね、と意地悪く想像します

世の中の同世代の皆さまはどうなのでしょうか

先日、会社の同期7名で集まった時、

香水プンプンのマダムがいなくて幸いでしたが

ほんのり匂う人もいなかったような気がします

ひとりくらい「私はつけてたわよ」って怒るかな

きいておけばよかったです

入院していた時に、気分転換に香水つけようとしたら

抗がん剤治療のために入院している同室の方に

「やめてくれ」って言われて、申し訳ない思いをしました

ただでさえ吐き気がするのに、香水は耐えがたいのだそう

電車やバスの中、人ごみの中、健康な人ばかりでは

ないですから、香水プンプンはマナー違反以上に

迷惑行為なのだと、皆が思いやりを持てるとよいですね

尚、廃棄する際は、中の香水を新聞紙などに出して

チャック付きのビニール袋に入れて密閉し

燃えるゴミに出しました

家庭用小型電動シュレッダーは有用か

Shredder; Bigger the better

家計簿をめくって、このシュレッダーをいつ購入したか

調べたら、2011年7月、6980円でした

大きさは、縦15センチx横23センチx高さ18センチ

メーカーは、アコ・ブランズジャパンと書かれています

(ハート型のシールは自分で貼ったものです)

正直に言って、これは失敗でした

といっても、シュレッダー自体が悪いのではありません

オフィスでサクサクシュレッダーにかけるイメージで

買った私が間違っていただけで、当然、この大きさで

それが叶うわけがありません

本体の上部にも、

連続裁断時間4分、最大裁断枚数A5 4枚と

明記されています

A5 4枚が限度などお構いなく、どんどん使って

いくと、本体が熱くなり、裁断出来なくなりますが

しばらく休ませて、冷めれば再開できます

もし、常時置くスペースがあり、常時通電状態にできる

環境に置ければ、有効に活用できるかもしれませんが

狭い住環境で、使用時に都度運び出して使うので

あれば、おススメできません

前の家で、私は常時通電して設置してましたが、

それでもマメに使うことはなく、どんどんDMがたまり

結局手で破くことがほとんどでした

電化製品の買取は、10年以内なら可能だと思いますが

無理な使い方をした覚えがありますので

刃の状態を確認して、大丈夫そうならブックオフへ、

でも、たぶん、引っ越し前に廃棄すると思います

シュレッダーを引っぱり出すのが面倒なので、

もっぱらこの「個人情報保護スタンプ」の

「ローラーケシボン」というものを使用しています

消したい個人情報の上をコロコロすると、小さな黒い

字の集合体が個人情報を隠してくれる仕組みです

コロコロしてから、はさみで小さく切って廃棄

ほんの2,3分で完了

シュレッダー購入より以前に買ったものですが、

同時にインクカートリッジも購入するところが私らしい

このところ、印字が薄くなって全然隠れないと思って

いましたが、インクが無くなっていたようです

インクカートリッジを取り換えたらバッチリです

そういえば、電動シュレッダーの前に、手動のものを

持っていましたが、今思えば、

あれが一番良かったかも、と個人的には思います

サルバドール・ダリのリトグラフ売却のお話

Salvador Dali’s lithograph; Trying to sell

昔々大昔、役員秘書だったころのある日、

関係先の若手男性社員が2名、大きな包みを頭上に掲げ

「秘書様に贈り物でございます」

「ダリのリトグラフでございます」と

恭しく運んできました

あら、そんな、戴いてよろしいのかしら、と

課長を見ると

「貰っとけ」と言われたので、ありがたく頂戴しました

「役員室に飾りますか?」と再度課長に聞くと、

「秘書にくれたのだから君が貰いなさい」と仰る

「じゃあ、家に持って帰ってもよろしいですか?」

すると

「どうせ1万円くらいのものだろうから、持って帰れ」

ですって

当時、私は、この関係先から無理難題の依頼を

しょっちゅう受けて苦しめられており、

たった1万円で借りを返そうなんぞ許されるわけがなく、

あの大物がそんな安物をよこすわけもないと踏んだ

課長は、私がどんな大変な仕事をしていたか知らないのだ

絵自体は、手前の黒い影といい、

宗教的なものなので、趣味ではなかったけれど

きっと10万円はすると信じ、自宅の玄関に飾っていました

家に友人が来るたび、由来を話して楽しんでいましたが、

ある時、先輩に言われた一言

「リトグラフって普通、何分の何っていう数字があるのに

これにはないわね」

ほんとだわ やっぱり課長は正しかったんだわ

その日以降、このリトグラフは倉庫に入れられ、

20数年の時を経るのでした

昨年、思い切って200円の粗大ごみ代金を払って

処分することを決め、

粗大ごみセンターに電話をすると、

「中の絵は出して額だけにしてください」と粗大ごみ嬢

申込みを終えて、はじめて、額を外してみました

すると、なんということでしょう

 

保証書と、1974年にされたダリのサインと、

1978年にパリの画廊の社長が保証するとのサイン

フランス語なので何となくしかわかりませんが

62/500という数字もあり、確か、

分子の数字が小さいほど価値が高いときいたことがある

すぐに粗大ごみセンターに電話して、

キャンセルしたのは言うまでもありません

今般、このリトグラフの売却を思い立ち、

手始めに、以下にメールで査定を申し込みました

総合美術買取センター

数日待っても返信がなかったため、電話をしてみると

「ダリは人気がなく、買う時はお高かったと思いますが」

申し訳なさそうに、

買取額は、5000円くらい、と言われました

長い間倉庫に入っていたため、

少しシミがあるのを考慮すると、もっと下がるかも

取りあえず、新居にも飾る場所はあるので、

もうしばらく所有し

よいタイミングがあれば売却したいと考えています

元手はタダですから、5000円でも十分ですし、

何より、課長が正しくなかったことがわかって満足!

尚、秘書在任中の戴きものは、コレと先のエルメスだけと

追記させていただきます

 

REED & BARTONのカトラリーはヴィンテージの価値があるのか?

REED & BARTON cutlery; Trying to sell

クリストフルに手を出さなくて良かったと安堵する私

写真は、40年以上前に、両親が、アメリカで

購入したもので、実家にこの倍の数が残っています

未使用で、今後も使う予定がない為、売ることが可能か

調べることにしました

ビニール袋に入っていますが、はみ出た部分が変色して

いるので、銀だと思っていましたが、ナイフの裏に、

REED & BARTON MIRRORSTELE と刻印されています

ネット検索してみると、似たものを持ってる人が価値を

知りたいと、問いかけているページにたどり着きました

その店の回答は、MIRRORSTELEとは、

REED & BARTON社のステンレススティールで、

残念ながら、1本 1ドルくらいの価値だと言っていました

なるほど、1100円なら40本で4000円、ならいいかも

まずは、ココにメールで問い合わせしてみました

河原宝飾

数日経っても返信がないので、電話してみると

ステンレスは受け付けていないとのこと

変色は、0.数ミクロンの微量の銀が塗られているため

ただ、40年以上前のものだと、vintageショップで

欲しがるところがあるかもしれないとのアドバイス

そこで、次は、ココに電話してみました

日晃堂

「見てみないとわからないので、訪問査定」とのこと

家に来られては困るので止めることにし

そこで、元町のBUTTERを思い出したのです

でも、開店している店に行ってみると

そこは、男の子の服の店でした 感じの良い店主が

スマホで調べて「REED&BARTON買取強化中」と

なっていた、ココに後日電話してみると

エコスタイル

見てみないと値がつくかどうかわからないとのこと

10円なのか100円なのかと聞くと

状態によってとのこと(0円もあり得る)

う~ん、110円だと400円ですね

今回は、リサーチまでということで、どうするかは

いずれ決めることにします

尚、使えばいいのでは?と思う方も多いと思いますが

スプーンは口に入らないほど大きいし、重いですし

残念ながら今使っているものの方が、ずっと良いのです

Dualitを残すか、パナソニックをとるか、トースター問題を考える

Which should I keep, Dualit or Panasonic?

一時、おしゃれなインテリア雑誌やお宅訪問などで

必ずと言っていいほど、紹介されていた

Dualit のトースターです

イギリスのホテル仕様で、スーパーの安い食パンでも

外はサクサク、中はモチモチ、超美味しく焼けるという

触れ込みに、影響されやすい私が反応しないはずが

ありません

おそらく15年ほど前だったと思います

当時、32000円くらいで、高いな~と思いながら購入

触れ込み通り、焼け具合は従来のトースターとは別格

焼き色まで違うように感じました

大満足して使い続けていましたが、3年前に、伯母が

介護付有料老人ホームに入る際に、パナソニックの

オーブントースターを私が選んで購入しました

それは、フランスパンを温めるスイッチがついていて

フランスパン好きの伯母に、大変喜ばれました

冷蔵庫に2-3日入れていたフランスパンが、パリパリ

中ファに上手に温めてくれるのです

Dualitには満足していたものの、チーズを乗せて

焼いたり、フランスパンを温めたりができないので

 

当時、置くスペースがあったものですから、つい、

買ってしまいました 201410月のことです

伯母と同じフランスパンボタンのある機種は、既に

販売終了して手に入らなかったため、新型でした

以降、Dualitは仕舞い込みこれを2年半使っています

ちなみに、左にぶら下げているのは、昨年、買った

トング、ぺったんこなので使い道に迷いましたが、

素手で熱いものを掴むのが出来なくなった昨今、

焼けたトーストを掴むのに重宝しています

さて、新居の狭さを考えると、トースターはどちらかを

諦めなければなりません

パナソニックには、ココットや手作りパンのキーも

あるけれど、勿論一度も使っていません

チーズ乗せ焼きは、フィッシュロースターで焼くとし

先日、久々にDualitを出して、トースト焼いてみました

変わりなく、美味しく焼けました

焼けた合図の音はしますが、取り出しは手動でレバーを

あげる仕組み、こういうローテク機械は

壊れずに、ずっと使い続けることができるのでしょう

さっき、アマゾンで検索してみたら、あらびっくり

Dualitの同じ製品が、48122円で売られていました

これは、Dualitに軍配があがることになりそうですが

何とか共存の可能性も探してみたいと思います

マリアージュフレールの福袋はもう買わない

Mariagefreres; Strange taste ‘VIOLETTA’

3年前のお正月に、30分以上並んで

マリアージュフレールの福袋を買ってみたら、

入っていた4つの紅茶全てが美味しかったので、

そのお得感に感激して

翌年も、元旦に30分並んで手に入れました

そしたら、前年より1000円値上げして6000円になり、

入っていたのがこの ‘VIOLETTA’

なんとなく嫌な予感がしました

案の定、ヴァイオレットの香料が強すぎて、

どうにも、飲めませんでした

フレンチ・サマー・ティと書かれているので

アイスティにして飲もうとしましたが、

やっぱり無理でした

パリのマダムは、これを美味しいと言って飲むのかしら

まさか、と思いますよ

肝臓を悪くしそう

これが人間の飲み物とは思えませんし、

犬や猿やブタさんだって飲まないと思いますわ

はい、大変怒ってますから

160gも入っている為、処分に困りましたが

生ゴミの消臭に使ったり、

紅茶染めに挑戦したりして消費しました

そして残ったこの立派な瓶、悔しいので、

ドライフラワーを入れて

花瓶として使うつもりでしたが

花瓶は他にいろいろ持っていますし、

段々見るのも嫌になってきて、処分したくなりました

左の缶は、同じ福袋に入っていたマルコポーロ・ルージュ

ルージュはルイボスなので、マルコポーロと言っても、

人気のマルコポーロとは別物です

ノンカフェインなので私は飲みますが、

味・香りとも、好みがあると思います

これと同じ缶の空き缶を、

なんと先輩がフリマで50円で売ったのです

紅茶入れとしていかがですか?って

さすがですね!

暖かくなったら、またフリマに参加して、

私も売りたいと思います

右のマルコポーロの缶は80円でいかがかしら

(注:マルコポーロは福袋には入っていません)

最近は、もっぱら国産、無農薬の紅茶を愛飲しています

ヘレンカミンスキーのラフィアは少しチクチク

Love Helen Kaminski, but might give up this bag because raphia itches a little

1996年に日本に進出したという、ヘレンカミンスキーは、

1983年に誕生したオーストラリアのブランドで、

焼けつく日差しから子供を守るために、

帽子を手作りしたところから始まったそうです

初めて帽子を見た時は、そのお値段にびっくりし

試着すらできませんでした

でも、毎年店頭に出る度、手に取るようになり

被ってみると、

サイズが大きくて、ちょっとホッとしたりして

ワンサイズしかないので、大きければ、ヒモで調節すると

説明を受けますが、このお値段を出すのに

ブカブカでは納得がいきませんから、

購入には至りませんでした

帽子は諦めるとして、

夏は、革のバッグでは暑苦しいので、何か涼し気な

バッグがないかと探していた頃、

ヘレンカミンスキーがバッグを出し始めました

でも、いかんせん高額

じゃあ、ノーブランドの似たようなものにするかというと

ヘレンカミンスキーが欲しいのです

小さなブランドマークの金具の魔力というのでしょうか

ラフィアで編んだ袋に、これが付いただけで

バブル世代の私は、目がくらんでしまうのです

ついに4年前に購入しました

デパートのポイントを貯めて、足しにしました

(おばさんは、涙ぐましい努力をするのです)

やっと手に入れたこのバッグは、持っていると

「素敵な色ね」などと、褒めていただくことが多いです

郵便局で、知らないご婦人に「ご自分で編んだの?」と

声をかけられ戸惑ったこともありました

ものはたくさん入りますし、お気に入りなのですが

ひとつだけ難点が、

肌の弱い私は、ラフィアがチクチクして

身体に当たる部分が少しかゆくなります

上質なマダガスカル産のラフィアを使用しているとのこと

自然のままを生かすためには、

多少のケバケバは我慢しなければいけないのでしょう

聞くところによると、帽子もチクチクするとか

購入をお考えの、肌の弱い方は、慎重にご判断ください

私は、今年の夏、使ってみて、手放すかどうか

よく考えてみたいと思います

使わないけれど捨てられないグッチのバッグ2個

Not using any more, but hard to say Good-bye

30年以上前に、ローマのGucciで購入した

ブタ革のショルダーバッグです

上質なブタ革に、今でも手に取ると胸がトキメキます

内部はカビがはえることもなく、とても綺麗です

金具が若干濁ってはいますが

手に取れば、素敵だとは思うものの

時代遅れ感があって全く使っていません

最近のGucciでは、復刻版がでているようですが

こういうブタ革ではなくGGマークの物のようです、残念

当時、リラが安いこともあって、

このバッグのお値段は25000円ほどだったと思います

今なら桁が違いますね

斜め掛けが出来ればかわいく持てそうですが、

残念ながらストラップが短いのです

同世代の方で、同様に、昔のブランドバッグの処分に

迷われてる方、多いのではないでしょうか

カリスマスタイリストの地曳さんなら

「使わないなら捨てなさい」と仰るでしょうか?

 

一方、バッグが小さいので、お財布も必要だと思って、

一緒に購入したこちらのお財布

小さいバッグの時に今も時々使っています

30年も経っているとは思えないほど

革はしっかりしていますし、

金色部分もさほどはげておらず、とても重宝しています

古くなると小銭入れの中がベタベタしたり

ボタンにカビが生えたりするものですが

そういうことも一切ありません

これは良いお買い物だったと思っています

それから、10年くらい前に、

香港で購入した黒カーフのジャッキーバッグ

今でもときめくけれど、

中央のベルトが使いにくく、ほとんど使用していません

以前、Rodeo Driveで買い取り額を査定してもらったら、

人気がないらしく二束三文でしたので、持ち帰りました

ジャクリーン・ケネディに憧れてジャッキーバッグが

欲しい、などという発想自体が、

今の時代にはないのかもしれません

でも、映画「ジャッキー」も公開されることですし、

また人気が出ることを少しだけ期待したいと思います