24時間ゴミ捨て可能の利用方法

無事引っ越しが済み、荷物整理も終了。

引越し業者さんに「荷物多い方ですか?」と

聞いたら「詰め込んだって感じですね」と

言われましたが、やはり多かったらしい。

その詰め込んだ荷物を、狭くなった家に

更に詰め込みました。

天井が高いので、収納は上へ上へと

作られていて、到底届かないところに、

使用頻度の低いものを詰め込みました。

それと、収納付きベッドにも目一杯入りました。

もう本当にこれ以上何も入りません。

椅子に乗って高いところの物を取るのは

あと10年が限度でしょうから、手に届かない

ものは、これから処分していくつもりです。

懸案だったゴミ捨てについては、

20年使った無印良品の2段の大きなゴミ箱を

処分して、新たに、キッチン扉に取り付ける、

可愛いゴミ入れを買いました。

扉にすっぽり挟むタイプで、レジ袋を

かけて使います。

使う時は、口を開けます、こんな風に。

閉めたままでも、脇から入れられますが。

ふたつの袋は、それぞれプラごみ、燃えるごみを

入れています。

生ゴミは、ディスポーザーでガ~ってやるので

もう捨てにいかなくてもよいのです。

気持ちいいですね、アレ。

瓶、缶、ペットボトル等は、セリアで買った、

可愛いプラスティックのケースを

この隙間に置きました。

このケースを一時置き場として、少したまったら

ごみステーションに持って行きます。

紙ごみの一時置き場は、この引き出しの

3段目にしました。

毎日どんどんたまるものですから、

ここにパッパと入れていき、紙袋1個分

たまったらまとめてごみステーションに

持って行くことにしました。

各階にゴミステーションがあるおかげで

毎晩10時頃、廊下をひたひたと歩いて

ゴミ出しに行っています。

24時間ゴミ捨て可能マンションバンザイ!

もうすぐお引っ越し

只今、段ボールに囲まれて生活しております。

いよいよ、引越しまで秒読み段階になりました。

既に80%くらい箱詰めが終了、にも関わらず

生活に全く支障がないということは、いかに

使っていないものが多いかってことで、

よく色々な本にも書かれていますけど。

そして、この80%を全部捨てちゃうのが

ミニマリストの方たちですね。

ガランとなった棚は、気持ち良いとは

思うけれど、やっぱり最小限の物だけで

暮らすのは味気なくって、私は嫌。

新居は想像していた以上に狭くて、

精一杯断捨離したのに、入りきるのか

わかりませんが、モノ減らしは

まだまだ続くってことで、頑張ります。

1か月前にダンボールを届けてもらってから

少しずつ箱詰めをしてきましたが、

余程使わない自信がない限り、しばらく

ふたを閉じないということも大事です。

スペースが許す限り、あちこちに開いた

ままの段ボールが置いてあります。

そのメリットには、ピッタリ入り終わらない

箱を開けておくと、後から丁度はまる大きさの

物が見つかったりするってことがあります。

何しろ、箱詰め大好きなので、

箱をナンバリングして、リストを作り、

中味を書いておくことも当然やってます。

大した量ではないので、そんな必要もないの

ですけどね。

一番の懸案のリアドロは、引越し屋さんに

「100%壊れるから、自分で運んでください」って

言われてしまい、抱えてタクシーで運ぶ予定。

なんせ、今回、リアドロ様のための飾り棚を

作ってもらったので、壊すわけにはいきません。

ものすごいプレッシャーです。

いよいよ引越し準備に入りました

お・はよ~・よの・なか ♪って

今度の朝ドラの主題歌は難しくて歌えないな、と

思ったのに、3日目には口ずさんでいて

朝ドラってすごい!って改めて思いました。

しかし、子役時代が2週間も続くって長いよね。

普通1週間だった気がします。

1980年って私たちにとっては、つい昨日の

ようで、日本は既に十分豊かになっていたと

思うのに、ものすごく古臭い昔のように

映っているのは、マグマ大使なんかが

出てくるせいかしら。

マグマ大使は昭和40年代だよ~

前段が長くなりましたが、

いよいよ引越しの段ボールが届きました。

引越しまで、あと1か月を切りました。

先月見積もりにきた、営業の若いお兄さんは、

色白でパンダにそっくり!

だからパンダの引越しセンターに採用されたに

違いないって思った。

今日、段ボールを届けてくれたのも

そのパンダお兄さんでした。

一生懸命運んでくれてかわいいの。

この段ボールを見ているとウキウキしてきます。

そう、私はお引っ越しが大大大好き。

パンダお兄さんが「引越し当日、行ったら

箱詰めを全くしていないお客さんがいる」と

言ってましたが、そんなの信じられませんね。

「私は大丈夫、引越し大好きですから」

まず段取りを考えます。

過去1か月使わなかったものは、今後1か月も

使わないので、今から箱詰めしても大丈夫。

食器類、飾り物から手を付けます。

部屋が狭いので、段ボールを積む場所も

困りますが、テーブルの下とかを有効活用します。

バッグは段ボールに詰めて、置いていた

クローゼットの中に戻します。

あれこれ考えていたら、あっという間に

終わりそうで少し物足りません。

お洋服はチェストに入れっぱなしでいいって

いうし、靴は当日靴入れを持ってきてくれるし、

ハンガーにかかった洋服もそのままもって

行ってくれるし。

片付けながら、最後の断捨離も済ませましょう。

 

期限付きで保管したいモノの置き場所

テーブルの上や箪笥の上には

何も置きたくない!

それなのに、置かれているものは何かというと

それは、定位置がなく、仕舞えない物たちです

例えば、

選挙の案内の封書

健康診断の案内の封書

マンションの消防点検の案内の紙

あとでちゃんと読んでおきたいと思う書類、等

これらは、当日まで保管しなければいけないけれど

仕舞い込むと忘れてしまうので

ついその辺に置いてしまいがちです

そのせいで片付かないのは、気になります

過去に、未決トレイを作って置いたりしましたが、

うまくいかなかったので、

今回思いついたのが、この引き出しの利用です

平っぺたい為、使いにくくて大したものは入って

いなかったので、此の度、期限付き書類等の

一時保管場所にすることにしました

やはり、外に置くトレイより、中に仕舞う方がよいです

あとは、この中に仕舞ったことを忘れないように

スーパーやクリーニング店などで貰う割引券も

保管場所に困るものです

使いそうもないものはすぐに廃棄しますが、使えそうな

ものは、私は家計簿に挟んでいます

常に持って歩くのは、お財布が膨らむばかりで無駄です

毎日つける家計簿に挟み、翌日の予定を考えながら、

お財布に入れ替えます

そうすれば、所持する割引券の内容を把握できて、

忘れずに有効活用できますし、期限切れで使えなかった

なんてことも防ぐことができます

(そう完璧にはいきませんけどね)

それから、読みかけの本、編みかけのニットなども

定位置がなく、片付かない原因になっています

読みかけの文庫本は、先ほどの平ぺったい引き出しに

いれることにしました

編みかけのニットは、クローゼットの空いたスペースを

定位置として、今期で完成させたいものだけ、ミシン付近に

本と共に出しておくことにしました

「完成させるぞ」と自分にプレッシャーをかけながら

さあこれで、スッキリを長持ちさせて暮らしますよ

各種取扱説明書の整理をしました

各種取扱説明書の整理方法については、

過去、色々試してきました

A4版の四角いケースに上から入れて、棚に置いていた時は

暗くて仕訳タグに書いた文字が見えにくく、

ケースごと出すことになり、重いし、不便でした

そこで、ここしばらくは、写真のように

本棚に、ラフに並べていました

でも、いざ必要なものを探す時には、見つけにくい為

改善が必要と感じていました

このマンションに越してきて、マンション関連の説明書が

ファイルに入っており、とても使い易いのと、

少しでも省スペースにできるかと思い、

真似をすることにしました

シルバーメッシュのケースに入っていたものが、全て

ピンクのファイルに収まりました

厚さのあるものは、右のファイルケースに立てかけました

これを本棚の中に仕舞います

クリアファイルケースは、30穴差替タイプです

2穴ですと、安定が悪いので30穴がオススメです

25ポケット全部で入りきりましたが、

追加のポケットも、100均で購入済みです

ポケットタイプなので、サイズの小さい取説(カメラ等)

でもなくさずに済みます

大したことではありませんが、ファイルの背表紙の

「取扱説明書」の文字は、ワードで作りました

手書きより、本モノ度が高い感じがして良いと思います

今回整理して、既に手元に無いものの取説を

廃棄することができ、持っているものの確認ができました

期限が切れている保証書でも、

手元にまだものがあれば、廃棄しません

修理が必要になった時に、有料でも、保証書が

あった方が分かりやすいからです

以前、18年前に購入した壁時計(輸入品)の修理の際、

保証書が取ってあった為、保証期間は切れていても

メーカーの連絡先などが分かって助かった覚えがあります

有名ブランドの物でない場合、そういうことがあります

お部屋の模様替えをたまにすると楽しい

何だかホテルの1室のようですが、

昨日、突然思い立って模様替えをしました

「新居では丸テーブルを窓際に置いて、お茶を

飲みたいわ、早く引っ越したい」なんて考えていたら、

「今だってできるんじゃない?」と心の声が

したもので、やってみました

うちには、狭いのにガラスの丸テーブル(80センチ)と、

木の四角いテーブル(80x120)があります

当初、木のテーブルを廃棄して丸テーブルだけで

過ごそうとしましたが、80センチの丸テーブルは、

ご飯を食べるのにもちょっと小さくて、

四角いテーブルと両方

必要だという結論に至りました

四角いテーブルは、生地の裁断をしたり型紙を作るのに

必要だし、アイロンかけにも必要で、

この大きさのテーブルは何かと便利です

かと言って、フリッツ・ハンセンのガラステーブルは

絶対に手放せませんので

写真手前に見えるのはベッドです

ベッドは、重いマットレスをおろせば、なんとかひとりで

引きずれるので、南を枕に、動かして設置しました

次に丸テーブルですが、とっても重いので、ラグの上に

乗せて引きずってきたのはよいけれど、ベッドを設置

してしまったので、ベッドの向こう側にこのまま引き

ずれるスペースがなくなってしまいました

はて、どうしたものかとしばし立ちすくみました、が、

こんなことで引き下がるわけにはいきません

すぐに名案が浮かびました

力を振り絞ってテーブルを少し持ち上げ、

ベッドの上をでんぐり返しさせました

マットレス大丈夫かしら、と若干心配になりましたが

(昨年奮発して買ったシモンズのマットレスですから)

無事、窓側への丸テーブル移動成功です

今朝はこの丸テーブルで朝食をいただきました

東向きなので、朝日を浴びながら、

とても優雅な気分を味わいました

お部屋の模様替えって、本当に楽しいです

 

ソファを処分しました

狭い新居では、ソファを諦めよう、と思っていましたが

やはり、ソファに寝転がってテレビを観る幸せは

捨てがたく、なんとかレイアウトすることに決めました

そして、持って行くと決めた途端、新しい物が

欲しくなりました

だって、このソファ、もう12年使ってます

それに、布製はやはりダニが気になる、革のが欲しい

思い立ったらすぐ実行するのが私の常、以前お店で

座ってみて、すごく座り心地が良いって思ったunicoの

革のソファを、どなたかも薦めていたのを思い出し

店に見に行ったのが6月のことでした

決めるのも買うのも早い私は即決めました

だって、本当に体を包み込んでくれる座り心地の良さに

魅了されちゃったものですから

製作に2か月以上かかるということで、10月と言われて

いましたが、昨日、出来上がったとの連絡がきました

さて、いよいよこのソファを処分しなくてはいけません

今迄、新しい家具購入時は、古い家具を処分して貰って

いましたがunicoは有料でも処分してくれないんですって

それは、非力な私にとって、大問題でした

粗大ごみにしたくても、ゴミ置き場に持っていけない

頼める家族は腰痛持ちであてにできず、近所に気軽に

頼める知り合い無し、遠くの友人には申し訳なくて

こんなことお願いできない

貰ってくれる人もいないので、

ダメもとで、ネットで調べたサルルという

家具の買取業者にメールで査定依頼をしてみました

すぐに返信がきて「在庫の関係で難しい」というけれど

そりゃあ12年も経ってるし、ブランドものでもないので

買取は無理ってことね

おそらく、どの業者も同じでしょう

では、どうやって処分するか考えました

①粗大ごみに申込み、新しいソファを届けてくれた

業者さんにお金を包んで、ゴミ置き場まで

持っていってもらう

①がダメだったら、

②来年の引っ越しまでおいて置き、引越し業者に

不用品処理してもらう

それしかないなぁと考えながら、粗大ごみを申し込み

1階まで降りて行ったら、

ゴミ処理のおばちゃんに遇ったのです

ここのマンションのゴミ処理のおばちゃんたちは、

見た感じしっかり者で、頼りになりそうだと日頃から

感じていました

相談してみたら、手伝ってくれるっていうじゃないですか

粗大ゴミ収集はまだ先でしたが、今でもいいっていうので

早速、運び出しを手伝ってもらい、先ほど終了しました

あ~ このマンションに越して1年、

初めて良いことがありました

どうしても御礼がしたくて、

1000円差し上げようとしましたが、受け取ってくれなくて

ホント、おばちゃん真面目過ぎる

人から優しくされると、自分も人に優しくしようって

いう気になりますよね

本当にありがたい出来事でした

キッチンの引き出し整理を考えました

横浜市長選、結果にちょっとガッカリです

71歳って、申し訳ないけれど、もう引退して頂きたい

カジノ反対なので、若い人に頑張って欲しいと

思いましたが、対抗馬が弱すぎました

姉が、私と同じ人に投票したと聞き、そういう人が

多いといいなぁと期待しましたが残念でした

大丈夫か横浜!

さて、今日はキッチンのぐちゃぐちゃな引き出しを

整理したいと思います

今のキッチンは、狭く奥まっていて居心地が悪いので、

引き出しの使い勝手は、あまり深く考えていません

シンク横の上から2番目の引き出しは、ひどい!

ジップロックだけでも17枚ありました

使用後に洗って、ついここに投げ入れてしまうんですね

整えるとこんな感じ

大きな引き出しなのに、こんなものしか入って

いないのはもったいないし、もっと整えるといいと

思いつつ、あと1年このままでしょう

ジップロックは7枚を残して汚いものは捨てました

左奥のかつおぶし1.5gパックは、3月で賞味期限が

切れていて溜息出ましたが、まだ食べられる

その下の引き出しには、保存容器などを入れていますが

今、使用中のタッパーが多い為、こんなに空いてます

整えるとこうですが、どうもしっくりいきません

保存容器の収納は、皆さんどんな風になさってますか

蓋を閉めて重ねた方がきれいですが、面倒だし、、

入れ子にした方がよいものもありますし

引き出しよりも棚に置いた方がいいのかな、と思って

棚に移したら、こっちの方がずっと良いですね

保存容器は棚に仕舞うことにします

これは食器棚の引き出しですが

無印良品の小分け収納を使って、要る物も要らない物も

きれいに収まっています

折角きれいに収まっているので、今はまだ

要らないものも、捨てずにこのままでいいかな

 

キッチンは見て楽しく、使って便利にしたいもの

今のキッチンは独立型で、正面にパイプというかバーと

いうのでしょうか、引っ掛ける棒がついています

これがとても便利

新居にも欲しいと思うものの、あちらは独立型では

ない為、ごちゃごちゃぶら下げない方がいいですよね

それに今は、全面ステンレスなので、濡れたブラシを

干しても大丈夫ですが、普通は人工大理石だからポタポタ

水が落ちるのはまずいでしょう

こういうものをどこに干したらよいのか、課題です

水色の手の形のハンガーには、ゴム手を干してます

ブラシ類は、左から、根菜洗い用、フライパン洗い用、

そして、まな板洗い用です

この3本は絶対に必要です

これは、流行りのスキレット、ル・クルゼの廃盤になった

16cmのものです

ニューヨークに行った際に、セールで見つけて買ったもの

日本では20cmしかないんじゃなかったでしたっけ?

なので、大喜びで買いました

この大きさであれば、重さも大丈夫だし、ちょこちょこ

炒め物ができるからすごく便利、何故廃盤にされたのか

理解できないですね

このスキレットのお手入れは、鍋が冷めてからブラシで

お湯で洗い、熱で乾かして油を塗るですからブラシは必須

鉄なので、スポンジに中性洗剤をつけて洗うのは

NGなんだそうです

おかげで、もう5年目ですけどテカテカです

ぶら下げるのが好きなので、レンジフードの端に

市販のバーを自分で取り付けました

ここは、油っぽくなる場所なので、しょっちゅう

使うものだけにした方がよいです

ぶら下げっぱなしだとギトギトになっちゃいますからね

右端のフライ返しは、めったに使わないんですが、

先日使って干したままでした、大きいのが気に入らず

小さいのを探しています

キッチンは、美味しい料理を作るためにも、楽しく

作業できるよう、いろいろ工夫したいものです

 

写真の廃棄に小型シュレッダーが役に立ちました

This shredder finally was very useful

再びシュレッダーの写真登場、以前、手動の方が

マシだったかも?と書きましたが、訂正します!

今回、デジタル化後の写真を廃棄するのに、

大変役に立ってくれました

1000枚以上と書きましたが、結構な量がありました

この低処理能力のシュレッダーで、どうしたら早く大量の

写真を廃棄できるか考え、個人情報部分だけを破って

シュレッダーにかけ、他の部分はそのまま

捨てることにしました

シュレッダーにかける部分が少ないので、思ったより

早く作業が進みました

調子に乗って裁断していると、熱くなって止まるんですが

15分くらい休ませると、またひとかたまりくらい裁断でき、

その繰り返しで、1日で全部終了しました

スキャンしている最中は「捨てられない」と思った

エジプトやインド旅行の写真も、惜しげもなく裁断しました

シュレッダーが終わった時、気分はスッキリ、清々しました

今回の、写真の整理で強く感じたことは、これです↓

古い写真など、

ひとりでしんみり見てはいけない

歳を取ったら、今と未来だけを見て生きていかなくっちゃ

アルバムは、友人知人親戚が集まったりしたときに、

みんなで一緒に見るものなのではないでしょうか

私はたぶん、デジタル化した写真ファイルは、保存は

しましたが、今後、ひとりで見ることはないと思います

写真を抜いたアルバム5冊、まだ新しいので、捨てるのは

勿体なく、90歳の伯母に持っていこうかと思うけれど

伯母は、大きな毛布の箱に、ぎっしり写真を入れていて、

「どうせ死んだら捨てるんでしょ」と言って見もしません

だったら自分で捨てればよいのにと思いますが

せめてお気に入りの写真だけでも、アルバムに入れれば

良いかな、と思いましたが、若い頃の写真を見たら

私が感じた寂しさの、何倍も寂しくさせてしまうかも

しれないので、止めた方がいいかもしれません

皆さんも、写真の整理は、予定しているのでしたら、

早く済ませてしまった方がよいですよ